江楠学園の沿革

昭和30年4月 校主 江口九郎次 佐賀市神野町934に佐賀高等無線電信学校を設立
校長に江口九郎次が就任
昭和30年8月 佐賀県知事から各種学校の許可
昭和35年3月 学校法人佐賀電波学園の寄附行為認可、理事長に江口九郎次就任
昭和37年4月 佐賀市高木瀬町大字高木1430に、佐賀電波工業高等学校の設立許可
校長に江口九郎次就任 電子科を設置
昭和39年11月 校旗、校歌を制定
昭和41年4月 電気科及び建築科を設置
昭和42年4月 自動車科を設置
校名を佐賀中央工業高等学校と改称
昭和44年4月 航空科を設置
昭和44年5月 自動車分解整備事業を福岡陸運局長から認証
昭和44年10月 運輸大臣から三級自動車整備士の一種養成施設の指定
昭和48年4月 土木科を設置
昭和53年2月 運輸大臣から二級自動車整備士の一種養成施設の指定
昭和53年4月 佐賀工業専門学校設立、初代校長に松尾良二就任
昭和54年12月 建設大臣より一級建築士、佐賀県知事より二級建築士の認定
昭和57年2月 城北幼稚園設置認可
昭和57年4月 城北幼稚園第1回入園式。初代園長に江口九郎次就任
昭和62年3月 実験実習棟改築竣工
昭和62年12月 理事長 江口九郎次逝去
昭和62年12月 理事長に江口艶子就任
昭和63年1月 高等学校校長に江口敏文就任
昭和63年1月 城北幼稚園園長に貞包芳則就任
平成元年4月 佐賀工業専門学校に丹宗堅一就任
平成5年3月 管理・普通教室棟改築竣工
平成5年4月 前理事長 江口九郎次の胸像設置
平成5年6月 高等学校創立30周年記念式典
平成7年3月 佐賀工業専門学校平成6年度生より専門士の称号が付与される
平成8年4月 佐賀工業専門学校校長に中尾裕次郎就任
平成8年9月 インターネット専用回線・構内校内LAN開通記念式典
平成9年4月 城北幼稚園園長に高尾恵子就任
平成12年4月 法人名を江楠学園・校名を北陵高等学校と改称。
生活文化科を設置
平成13年4月 佐賀工業専門学校校長に江口敏文就任
平成14年3月 食堂・普通教室棟新築竣工
平成14年4月 高等学校校長に久原辰郎就任
平成17年3月 理事長に江口敏文就任
平成17年4月 鍋島保育園を開園、初代園長に加藤洋子就任
平成17年10月 学園創立50周年記念式典を挙行
平成20年4月 高等学校校長に山口保義就任
平成21年3月 佐賀工業専門学校校舎・実習棟改築竣工
平成21年5月 佐賀工業専門学校30周年記念式典並びに
校舎改築落成式典を挙行
平成24年4月 高等学校校長に大坪健造就任
平成24年11月 北陵高等学校50園年記念式典
平成26年4月 認定こども園・にじのはねこども園開園
初代園長に高尾恵子就任
平成27年8月 学園創立60週年記念式典を挙行

このページのトップへ▲